Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://nikkidesu.blog110.fc2.com/tb.php/92-88265ad8

-件のトラックバック

[T8] -

管理人の承認後に表示されます
  • 2007-11-07

[T9] -

管理人の承認後に表示されます
  • 2007-11-09

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

臨床心理士の国家資格

臨床心理士の国家資格の法制化をすべきかが問題となっています。臨床心理士とは、心の問題について心理学的な方法を使ってアプローチする「心の専門家」のことです。現在、臨床心理士は、教育(教育研究所など)、医療・保健(精神保健福祉センターなど)、福祉(身体障害・知的障害相談施設など)、司法(少年院・刑務所など)、産業(企業内の健康管理室、障害者職業センターなど)など様々な領域で働いており、需要はたいへん高いものがあります。
現在、臨床心理士としての資格を得るには文部科学省認可の財団法人日本臨床心理士資格認定協会が行う「臨床心理士資格試験」に合格する必要があります。そして受験するためには指定の大学院(第一種指定大学院)の修了や、指定の大学院(第二種指定大学院)の修了後1年以上の心理臨床経験がある人など、かなり難しい受験資格が必要な民間資格なのです。臨床心理士資格の試験合格率は、例年6、7割といったところです。
この日本臨床心理士資格認定協会が臨床心理士の民間資格から国家資格化に向けて、現在働きかけています。臨床心理士資格が国家資格となると国民の生活に重大な影響がある職種に対して国の責任で認定を厳格に行うこととなります。そうなると、資質の高い心の専門家である臨床心理士の養成と確保ができ、国民の期待により一層応えることができると考えられるからです。また、臨床心理士の地位を向上させることになるからです。
しかし、臨床心理士資格の国家資格試験への法制化はなかなか実現していません。まず問題なのは、臨床心理士を国家資格にした場合の監督官庁をどこがなるかです。というのは、臨床心理士は医療も教育も司法などさまざまな分野で活躍しているからです。横断的な領域に渡る資格なので監督官庁を決めるのが大変むずかしいのです。また、臨床心理士が国家資格になった場合に、既存の臨床心理士資格保有者の処遇も問題となっています。単純に国家資格保有者にすると、他の民間保有者に不公平感が生じるからです。さらに、臨床心理士側の国家資格になったときの医師と同等の立場を要求する意見が医師側から反発を招いているのです。



スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://nikkidesu.blog110.fc2.com/tb.php/92-88265ad8

2件のトラックバック

[T8] -

管理人の承認後に表示されます
  • 2007-11-07

[T9] -

管理人の承認後に表示されます
  • 2007-11-09

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。