Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パスポート

パスポートって何だか知っていますか?なんて質問を投げ掛けたら失礼でしょうか。だれもが知っているパスポートについて再認識してみましょう。海外に行く際の必需品、これがないと海外諸国に入国できないばかりか、海外でのあなたの身分を証明できる唯一のものとなりうるものがこのパスポートなのです。海外でのあなたの身分証明には他に目的別に準備したビザや査証もありますがこの辺りは割愛させていただきます。

中には海外には行きたい気はあるがパスポート新規申請や更新が難しそうで嫌だとの理由で海外の文化やたくさんの意義深いことに触れずに過ごしている方がいられるといけませんのでこれらを説明させていただきます。パスポートの申請には新規申請や紛失届出再発行やパスポートの有効期限が一年を切った場合の切替申請、海外にいくことが多い等の理由で査証欄不足を起こし再交付を受ける場合や名字や住所などの変更とあります。それぞれに多少の違いはありますが、基本的に一般旅券発給申請書の記入と提出をいただくことになります。

パスポート申請の際は各都道府県の旅券窓口、パスポートセンターにて一般旅券発給申請書を記入提出を行ないます。この際に必要なのは新規か更新かで若干の違いはありますが基本は同じです。持参すべきものは印鑑と戸籍謄本や抄本、パスポート申請に定められた条件下で撮られた4.5×3.5の顔写真に自身の住所を記入した官製はがきと住民票の持参が必要です。その際に提出を求められますから身分を証明できる運転免許証などを携帯しておいてください。更新の場合は今お持ちのパスポートをもっていってください。なお、申請手数料を取られますので10年有効パスポートの際16000円という点を参考に考えておくことにしてください。申請後約1週間、あなたご自身が受け取りに行きお手元に届くこととなります。

最後に、パスポートを紛失、盗難にあった場合の対処法について触れておきます。国内でパスポートの紛失や盗難にあった場合は、速やかに窓口に行き紛失届を提出してください。これは、そのパスポートを失効させるために不可欠です。その際に再交付を希望する場合は新規申請を行なう際と同じ事になることを踏まえ必要書類等を持参してください。また、海外ではパスポートは命と家族の次に大切にと考え紛失や盗難防止に努めましょう。パスポートは海外では唯一のあなたの存在の証なのですから。しかし、万が一パスポートの紛失や盗難にあってしまった場合は速やかに警察より盗難届の発行を受け日本大使館や総領事館に出向き、パスポートの再交付を受けてください。以上パスポート申請についてすべて説明は、あなたに海外のすばらしさに触れていただきたいという私の願いが込められている事をご理解ください。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。