Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://nikkidesu.blog110.fc2.com/tb.php/83-16d27940

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

マウンテンバイクのス

マウンテンバイクのスポーツって、イメージできますか。社団法人 自転車協会(BicycleAssociation)の調査では、国内での年間販売数が30~60万台程度、累計では500万台も売れているそうです。その数字が物語っているように、競技者だけでなく、一般の方たちには、娯楽という生涯スポーツとしてマウンテンバイク(MTB)を楽しむ人が増えてきているのです。
悪路での走行を想定して設計されたマウンテンバイク(MTB)は、衝撃に強く、軽いだけじゃなく、安定した走行が可能。そのため、初心者にも扱いやすく、どこでも乗れます。太りにくいカラダ作りとして、カラダの大きな筋肉を鍛えることがあげられますが、自転車漕ぎは、大腿筋(だいたいきん=太ももの筋肉)という大きな筋肉のトレーニングになるため、健康増進にも効果があります。
社団法人 自転車協会(BicycleAssociation)では、マウンテンバイク等安全基準というマウンテンバイク(MTB)の耐衝撃性をはじめとした安全性の基準を定めていますが、1980年代後半のマウンテンバイクブーム以来、発売されてきた低価格帯のマウンテンバイク(MTB)は、『MTB類形車』と呼ばれているものです。一般道以外の悪路・荒地での走行が禁じられていますので、注意してください。
悪路での走行が禁止されているとはいえ、『MTB類形車』は、マウンテンバイク(MTB)をモデルにした自転車です。一般道での利用に関しては、その耐衝撃性と軽量感、安定走行は、十分です。とても扱いやすく、太りにくいカラダ作りにも効果的。さまざまな場面での利用をとおして、マウンテンバイクを楽しんでみてください。



スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://nikkidesu.blog110.fc2.com/tb.php/83-16d27940

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。