Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://nikkidesu.blog110.fc2.com/tb.php/62-0cc9c8cf

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

サイレンサー、いわゆ

サイレンサー、いわゆるマフラーは、車のカスタマイズするときに一番最初に変更したい部分ですね。サイレンサーを変更すれば、車のエンジン出力特性を変更したり排気音を迫力のある音に変更したり、また、見た目もスポーティーな雰囲気にかえることができます。
サイレンサーといっても、さまざまです。そして、どんなサイレンサーを選べばよいかも難しいところです。もっともわかりやすいサイレンサーの選び方はサイレンサーの材質で選ぶことです。サイレンサーの材質は、大きくわけて、チタン、カーボン、ステンなどがあります。それぞれの特徴としては、チタン:もっとも軽くて錆びない。サイレンサーにとても適した材質。高価カーボン:軽い、錆びない。ステンにカーボンを巻いているものもあり。見た目に特徴がある。ステン:安価。錆びない。サイレンサーでもっとも適している材質は、チタンです。しかし、高価ですし、好みもあるとおもいます。サイレンサーをカスタムパーツに変更する理由の一つに、外観を好みにするというのも立派な理由です。性能だけでなく、納得のいく選択をしましょう。
パワーの向上を考慮したマフラーの原理は、排気ガスをスムーズにマフラー内に流すことにより、性能の向上を図ることという物です。当然、排気音も大きなものになります。そのままでは、公道の保安基準も守れないものも存在します。そのような方には、インナーサイレンサー(フランジサイレンサー)をつけることをお薦めします。インナーサイレンサー(フランジサイレンサー)を装着すると排気音を抑えることができ、公道の保安基準内に音を調整することができます。
インナーサイレンサーなら、SFCがお薦めです。この会社ではインナーサイレンサーにこだわりをもっています。SFC代表の菅沼氏いわく「私は独立する前、あるマフラーメーカーで爆音マフラーの開発をしていました。その後独立してマフラー用サイレンサー(インナーサイレンサー=フランジサイレンサー)を開発することになったのですが、「ただ音が小さい、消音だけのサイレンサーは作りたくない!」と音質にもこだわり続けているのはそんな経緯があるからです。」



スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://nikkidesu.blog110.fc2.com/tb.php/62-0cc9c8cf

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。