Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://nikkidesu.blog110.fc2.com/tb.php/52-f29662b8

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

フコイダンとは、モズ

フコイダンとは、モズク、メカブやコンブなどの海藻類に含まれるヌルヌルした成分の中にある多糖類のことをいいます。このヌルヌルとした成分にはアルギン酸、ラミニンなどが含まれているということから注目を浴びています。アルギン酸、ラミニンには、コレステロールの抑制作用、血圧降下作用などもあることが判ってきています。
フコイダンを一躍有名にしたのがフコイダンが持っているアポトーシス(自然死)という作用です。アポトーシスとは、正常な細胞が持っている細胞自滅システムのことをいいます。正常な細胞は、寿命やその前でも異常が現れたりすると自滅のスイッチが入って、自から消滅していきます。ガン細胞は、この自滅スイッチが作動しないで増殖を繰り返してしまいます。フコイダンは体に入ると、すばやくガン細胞のもとにだどりつき、ガン細胞膜にある自滅スイッチを押し、DNAが破壊されるのです。
フコイダンとは、モズクやメカブ、昆布などの海藻類などのヌルヌル成分の中に含まれる多糖類を指します。フコイダンは、硫酸化多糖類に属し、そのなかでも「硫酸化フコース」「フコース」が、健康維持に対して、たいへん有効であることが判ってきました。モズクには特に「硫酸化フコース」「フコース」が多く含まれているといわれます。
フコイダンにはアポトーシス作用( がん細胞を崩壊させる作用 )があります。健康で正常な細胞は細胞分裂をくり返し、細胞自らが崩壊して新しい細胞に入れかわります。この自然に起こる細胞崩壊のことをアポトーシスといいます。しかし、がん細胞はアポトーシスを起こさず、いつまでも分裂や増殖をくり返していきます。フコダインには、がん細胞に直接作用して、アポトーシスを起こさせ、がん細胞の増殖を止めて、自然崩壊させてしまう働きがあります。
フコイダンを超低分子化したものがシーフコイダンです。フコイダンは高分子であるため、消化・吸収されず、しかも人間の体内には海藻を分解するための酵素がありません。そこで、フコイダンを超低分子にして体内に吸収しやすくしようとして開発されたのが、シーフコイダンです。シーフコイダンは、トンガ産モズクや沖縄モズグなどから作られたものが多く見られます。



スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://nikkidesu.blog110.fc2.com/tb.php/52-f29662b8

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。