Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://nikkidesu.blog110.fc2.com/tb.php/41-ba14b62a

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

風水は中国でさまざま

風水は中国でさまざまな国の栄枯盛衰を調べてきた学者が見つけ出した法則の一つです。風水は都市、それも王宮を抱える国家の首都となる都市を建設するために編み出された学問です。何年か前に、京都にあった平安京の建設にも風水師が関わっていることが分かったそうです。
古代中国の経験に裏付けられた学問である風水ですが、これを現代の都市に応用するのは平安京の時代ならいざ知らず、人口過密の日本では不可能に近い話です。そういった背景から生まれたのが風水インテリアではないでしょうか。土地や場所を家屋や室内単位に置き換えて考えかたです。
風水インテリア術では実際にどうやってインテリアと風水を上手く組み合わせて考えていけばいいのか?から知りたがりますが、まず基本的な考え方を説明します。それが五行です。五行というのは万物が木、火、土、金、水の五つに分類できるという考え方です。風水インテリアは家具や装飾品をその概念に当てはめて分類し、家や部屋に良い組み合わせを見つけることから始まります。
風水インテリアでは四季の変化に応じて家具の配置を換えたりもします。これは四季それぞれの温度や風向きを考えてのことだそうです。風水で部屋の中の的確な色や配置を考えることで、住む人の健康に及ぼす心理学上の有効性も報告されています。風水インテリアの効果を最大に出すのは実は気持ちの持ちようなのかもしれませんね。



スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://nikkidesu.blog110.fc2.com/tb.php/41-ba14b62a

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。