Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://nikkidesu.blog110.fc2.com/tb.php/40-5b7eed3b

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

中国では「香港市場」

中国では「香港市場」の他に、上海市場が1990年、深セン市場が1991年に開設されました。両市場で取引される株式は、「A株」と「B株」に分かれており、A株は中国の国内投資家専用、B株は外国人投資家向けの市場です。B株については、2001年2月より、国外投資家だけでなく、国内投資家にも開放されました。A株はすべて人民元建てで取引され、上海市場のB株は米ドル建て、深セン市場のB株は香港ドル建てで取引されています。
中国での2008年北京オリンピック開催は、東京オリンピック時の日本同様またはそれ以上の経済効果を期待させます。それと共に、見逃せないのが中国株の変動です。発展途上国におけるオリンピック開催はその国の経済成長を想像以上に高水準にするでしょう。 中国には、2001年のWTO加盟やAPEC開催などにより、海外からの注目が集まっています。中国株はまだまだ投資効果が見込めるでしょう。 
中国株で儲ける方法として為替差益で儲けるという方法があります。ずばり人民元の切り上げで儲ける。2005年人民元切り上げのニュースが流れました、1年以上経ちましたが5%程動いた感じです。まだまだ緩やかに上昇していくでしょう。H株やレッドチップは香港ドル建てです、自動的に為替差益が生まれて儲かるでしょう。
口座管理手数料はかかりませんが手数料は高めです。中国本土株(B株)については、100株単位で購入できるので、小額からの投資が可能です。また、台湾や韓国などの他のアジア株も購入できる。



スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://nikkidesu.blog110.fc2.com/tb.php/40-5b7eed3b

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。