Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://nikkidesu.blog110.fc2.com/tb.php/37-7e14a74c

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

「姓名判断」は、現在

「姓名判断」は、現在、日本で流行している占いの中で、常にスタンダードな位置をキープしている占いです。姓名判断とは、名前の字画を数えて、その人の幸福や不幸を判断できるとする占いです。日本では、昭和の初期に爆発的な流行があり、戦後のベビーブームに乗じて復興してきました。現在、どこの書店でも、姓名判断の本が占いコーナーにたくさん並んでいます。
日本での姓名判断は、いづれも昭和の初期に熊崎氏(熊崎式の開祖)が発表した内容の要約であることが多いようです。熊崎氏はどうやって現在の姓名学を構築したかと言うと、江戸時代末期に活躍した天才易者の林文嶺と言語学者の永社鷹一の2人が体系化した林永流運命学を元にしたようです。そして、その林文嶺は、平安時代に嵯峨天皇の時代に中国から輸入され、鹿島神社で保管されていた文献を元にしたとされています。
姓名判断で使われる用語を説明しましょう。まず、姓の画数の総計を姓名判断では天格と呼び、先祖運を表します。人格は主運と言われ、名前の中心に当たる部分で、姓の最後と名前を足したものです。地格は名前の画数の合計で、性格・金運などを表します。総格から人格を引いたものが外格で、対人関係などの運勢をつかさどります。総格とは姓名の総画数で、運勢の基礎運とも言われ、人生を歩むにつれ、色濃くでてきて、晩年の運勢に大きく影響してくると言われています。
姓名判断の流派を見てみましょう。姓名判断の理論の基礎的内容は、熊崎健翁によって広く世に広められましたが、その後には熊崎流とは異なる理論を持つ流派も現れています。熊崎流では、漢字の画数を戦前の字体である旧漢字の画数でカウントする方法を取っており、多くの姓名判断の流派でこの方法が採用されています。一方で、新漢字は戦後の字体である新漢字のままで画数をカウントする流派も現れてきています。



LUNA SEA/THE FINAL ACT TOKYO DOME〈2枚組〉
商品価格:7,560円
レビュー平均:5.0

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://nikkidesu.blog110.fc2.com/tb.php/37-7e14a74c

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。