Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://nikkidesu.blog110.fc2.com/tb.php/31-00b419f1

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

頻尿は高齢になると増

頻尿は高齢になると増えてくるといわれ、あまり人に相談できず悩んでいる人も多いといわれます。頻尿とはどんな状態をいうのでしょうか。正常な人のトイレの回数は、昼間が7回以下、夜間が0回です。トイレへ昼間8~9回、夜間1回行く人は、頻尿の疑いがあります。昼間10回以上、夜間2回以上トイレへ行く人は頻尿といえます。
頻尿の最も多い原因は男性・女性とも「過活動膀胱」です。過活動膀胱になると頻尿と尿意切迫感の症状が表れます。過活動膀胱の原因として、老化、脳の疾患、精神の疾患、ホルモンバランスの崩れ、前立腺肥大症などがあげられます。頻尿はこのほか、前立腺肥大症や前立腺がん、膀胱炎、腎臓や心臓の機能の低下、ストレスなど精神的な原因からも起こります。
頻尿を治療法するには、頻尿の基礎疾患となる病気があれば、まずその病気をしっかりと治すか、その病気をうまくコントロールすることが必要です。次は夕食を少し早めに摂って、寝るまでの間に水分の摂り過ぎに注意します。それでも頻尿に効果がないようであれば泌尿器科外来で医師に診察してもらいましょう。
膀胱炎が原因の頻尿を予防するには、普段から水、お茶などの水分を多めに摂るようにして,排尿は我慢しないことです。尿意を気にしすぎる神経性頻尿は、膀胱には異常がありませんので、排尿回数を気にしないようにすることが最大の予防法です。糖尿病や脳梗塞などが原因の神経因性膀胱による頻尿を予防するには、原因となる病気を予防することが大事です。




スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://nikkidesu.blog110.fc2.com/tb.php/31-00b419f1

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。