Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

住宅ローンの選択

住宅ローンの選択で迷うものに、固定金利と変動金利という2つの金利返済があります。固定金利とは、申し込んだ時に設定された金利が返済終了まで適用されるローンです。金利の低い時代に申し込むことができれば、高金利の時代になったときでも低金利のままの返済出来るのがメリットです。そして、毎回の返済額が一定なので安心して返済プランが立てられます。住宅金融公庫の返済は、基本的に固定金利が適用されます。

もう一つの返済方法の変動金利とは、その時の金利水準に合わせて、ローンの金利が変わるローンです。基本的に半年ごとに金利水準は見直されてます。そして5年に1度、返済額の変更が行なわれることになります。金利変動があった場合、あまりにも急激な金利変動の場合は、返済額の上限を今まで支払っていた返済額の25%までの上限が設定されています。

固定金利と変動金利のどちらを選択するのかについては、将来的な経済情勢を見込むことが必要になってきます。一般的に住宅ローンを申し込む時の金利は、支払い期間を長くしてある固定金利より支払い期間を短く設定している変動金利の方が低くなっています。この場合、変動金利の方が当初の返済額は少なくて済みます。しかし、後々の経済情勢によって、返済額が上下しますので、将来的な金利の動きを気にするか?しないかが選択のポイントになってきます。

住宅ローンの金利は、金融機関によってさまざまな方針があります。そのバリエーションとして豊富な住宅ローン設定が用意されています。どの商品もメリット、デメリットがありますので、今後の金利動向の予測を行なった上で住宅ローン申し込みを選択することをオススメします。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。