Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://nikkidesu.blog110.fc2.com/tb.php/19-a610e0ad

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

血管内治療

血管内治療は、血管の中(動脈や静脈)に太さ2mmくらいのカテーテルという細いチューブ状の管を入れて、メスを使わないで血管の中から治療する方法です。カテーテルの入口は、主に太ももの付け根の血管や肘の内側の血管、それに手首の血管が使われます。カテーテルは局所麻酔をして挿入するので、ほとんど痛みはありません。

血管内治療の利点は、「患者の身体への負担が軽い」「局所麻酔で治療できるので、全身麻酔が無理な高齢者なども治療ができる」「入院が比較的短期間で済む」などがあります。一方、欠点としては、「カテーテルの治療中に脳梗塞や脳出血を起こすことがあり、その場合、生命が危険にさらされる場合がある」「カテーテルが目的の血管まで届かないため治療が不可能な場合がある」「長時間の治療では、放射線被爆の問題があり、副作用が出る可能性がある」「治療法が比較的新しいので長期的に見た場合、成績がはっきりわからない」などです。

血管内治療法を病気別に紹介します。まず、くも膜下出血の原因である「脳動脈瘤」の場合、血管の中からこぶのところまで細い管を送り込み、こぶに特殊なコイルを詰めて破裂しないように処置します。心筋に栄養と酸素を運ぶ血管が閉塞する「心筋梗塞」の場合の血管内治療は、先の部分に風船や金属の筒を装着した特殊な細い管を血管の中に入れ、閉塞した血管を拡げる方法です。

「がん・腫瘍」の場合の血管内治療は、ガンに栄養を送っている血管の中にカテーテルを送り込んで、カテーテルの先端から抗ガン剤や血管を詰める物質を注入してガンを治療する方法です。エコノミークラス症候群の発症原因となる「静脈閉塞性疾患」の血管内治療は、血栓で詰まった血管内にカテーテルを送り込んで血栓の部分を薬で溶かし、金属の筒(ステント)を入れ、血管を拡げてる治療法です。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://nikkidesu.blog110.fc2.com/tb.php/19-a610e0ad

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。