Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://nikkidesu.blog110.fc2.com/tb.php/17-a64cad07

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

りんご病(伝染性紅斑)

伝染性紅斑とは、りんご病と広く呼ばれている病気で、両方のほっぺがりんごのように赤くなり、ほてったり少しかゆくなります。太ももや腕にも、赤い斑点やまだら模様ができます。2~12歳の小児がかかりやすく、大人や乳児の感染はあまりありません。季節的には冬から春にかけて流行しやすいといわれています。

りんご病はヒトパルボウイルスB19による感染症で感染経路は鼻からの、飛沫感染でウイルスで感染されるのはりんご病に特徴的な発疹が出現するよりも1週間程度前までなので、りんご病の症状の赤い発疹が出るころの感染はありません。りんご病は 大人 でも感染し、熱や、強い関節痛がでがちです。

りんご病の治療にはかゆみ止めの薬を使うこともありますが特別な治療薬もなく、安静にするほどの病気ではありません。普段どおりに生活してください。かゆみが強くなったり、高い熱が出たときにはかかりつけの医師に相談してみてください。

つまり、りんご病は普通どおりに生活したり、登園・登校してかまわない感染症です。家庭で気をつけることは、お肌が温まったり、日光にあたるとかゆみが強くなるので、発疹が出ているときは、日光は避けて家の中で過ごしましょう。入浴や外遊びには気をつけて見守る必要がありますね。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://nikkidesu.blog110.fc2.com/tb.php/17-a64cad07

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。