Entries

スポンサーサイト

拒食症は摂食障害

拒食症は摂食障害の一種で、日本では増加傾向にあります。若い女性に多く見られ、最近は低年齢化し、小学生での拒食症が増えています。2006年11月にブラジル人モデルが拒食症で死亡したニュースが世界を驚かせました。拒食症になると、体重を減らすことが止められなくなってしまい、これでいいと思わなくなってしまうのです。拒食症の症状は、体重の極度な減少、女性の場合は無月経、痩せるために必要以上に運動する、睡眠障害など...

指ヨガ健康法

指ヨガがどこでもできる健康法として認知されてきています。ヨガは特定の場所を用意しなければできないため実践することがなかなかできない方も多いですが指ヨガは場所を選ばずにできるため人気となっています。その人気の秘密をのぞいてみましょうでは指ヨガのやりかたにはどんなものがあるのでしょうか。お風呂に入りながらするのもいいでしょう。お風呂の中では体が温まり血行もいいので軽く片方の指を左右に回す運動がいいです...

血管内治療

血管内治療は、血管の中(動脈や静脈)に太さ2mmくらいのカテーテルという細いチューブ状の管を入れて、メスを使わないで血管の中から治療する方法です。カテーテルの入口は、主に太ももの付け根の血管や肘の内側の血管、それに手首の血管が使われます。カテーテルは局所麻酔をして挿入するので、ほとんど痛みはありません。血管内治療の利点は、「患者の身体への負担が軽い」「局所麻酔で治療できるので、全身麻酔が無理な高齢者...

魚の目治療

魚の目(うおのめ)とは皮膚の角質層が異常増殖したものです。正式な名前は、鶏眼(けいがん)といいます。魚の目は、特に足の裏の皮膚を保護している角質層が真皮内に深く肥厚増殖するものです。魚の目の色は、白または黄白色、形は円形状が多いようです。魚の目は、歩くと硬くなった角質層が神経を刺激するので痛みが伴います。魚の目の原因を考えてみましょう。魚の目のできやすい足の代表ということで、開張足(かいちょうそく...

りんご病(伝染性紅斑)

伝染性紅斑とは、りんご病と広く呼ばれている病気で、両方のほっぺがりんごのように赤くなり、ほてったり少しかゆくなります。太ももや腕にも、赤い斑点やまだら模様ができます。2~12歳の小児がかかりやすく、大人や乳児の感染はあまりありません。季節的には冬から春にかけて流行しやすいといわれています。りんご病はヒトパルボウイルスB19による感染症で感染経路は鼻からの、飛沫感染でウイルスで感染されるのはりんご病に...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。